読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ヴァンガード】ディセガンバスの現状

騎士王凱旋発売からもう1年もたつのかーと思うとそりゃ抹消者も環境についていけないわと思った。

 

抹消者 ドラゴニック・ディセンダント
G3 パワー11000
【自】【(
V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1),あなたの手札からカード名に「抹消者」を含むカードを3枚選び、捨てる] このユニットがアタックしたバトルの終了時、そのバトル中、アタックがヒットしていなかったら、コストを払ってよい。払ったら、このユニットを【スタンド】し、このユニットのクリティカル+1。そのターン中、この能力は使えなくなる。
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2) - カード名に「抹消者」を含むカード] そのターン中、このユニットのパワー+5000。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)


抹消者 ガントレッドバスター・ドラゴン
G3 パワー11000
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):あなたのカードの効果で、相手のリアガードがドロップゾーンに置かれた時、そのターン中、このユニットのパワー+3000/クリティカル+1。
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2) - カード名に「抹消者」を含むカード] 相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させる。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

ともに騎士王凱旋で登場し抹消者を環境入りさせた立役者のカード。バニホ・ケイ互換を持ち11kで有能スキルを持つG3で固められるデッキとして大きく話題になりました。それまでのG3ユニットの大半は「リアでも打点があり守備力もあるけどスキルが微妙な11k」か「スキルは強力だけど守備が薄く2枚目以降はG2バニラ以下となる10k」だったのに対してこの2枚を有した抹消者は攻防隙のないデッキとなります。特に4点ノーガードを迫りやすく後上がりに強いディセと3点から殺しにかかれて先上がりのカウンターとして使えるガンバスと上手く棲み分けだれていてスパキで的確に使い分けできたのでまさに当時最強でした。

しかし、現状はどちらもかなりつらい状態になってきました。
ディセはスキル自体は相変わらず強力ですがVスタンドとしては13kを殴るにはBRかjコスパの悪いECBが必須でヒット時スタンドできないことからミネルバやDDD、次に出るオバロЯに劣っています。
ガンバスは3点止めできる強みが環境にささっていますがそれを続けるには除去を連打する必要があり、それを続けるのがなかなかつらいです。途切れた瞬間相手のLBが4点以上の自分に襲い掛かってきます。
それらに加えて抹消者は除去のコスパが他クランに比べて悪いのも目立っています。チョウオウが優秀なのは周知の事実ですがやってることは一対一交換をしつつ「除去誘発ができる」のでありアド取りという意味の除去ではありません。CB2の除去はデスサイズは並のコスパだけど否名称、ガンバスはECBで相手選択と何かしらの制約があります。それに対してアシュレイЯ・DDDЯ・ブラダ・クリティックなどは比較的軽い条件でCB1除去ができるので倍焼けます。もちろんガンバスのLBがあれば単純比較はできませんがはっきり言ってディセガンバスの除去力はだいぶ控えめです。ローエンであればCB1焼きができますがガンバスと相性は悪いです。
イグニッションはコスパ面でも相性面でも完璧なのでかなり便利です。しかしBRユニットとしてみるとショノアールや新オバロなど方が殺傷力とアド取りの両面で有能に思えます。

 

まあ、色々愚痴りましたけど1年も前に出たカードで現在でも十分戦えているのでそこまでひどい物ではありません。他に扱いの悪いクランもありますし1回と言わずにしばらく環境をとったデッキなので時代に飲まれるのはカードゲームとしてはむしろ必然でしょう。
喧嘩屋ははたしてどうなるのか楽しみにします。