読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ポケカ】バトルフェスタ2014 使用デッキ(ライボルキュレム)

久しぶりすぎる更新。

ポケモンカードの祭典バトルフェスタ東京に行ってきました。
2日開催でその両方に参加、ビクトリーバトルに挑戦したので使用デッキを載せます。

 

【ライボルキュレム

ポケモン*11(種*8+進化*3)
ライボルトex*4
Mライボルト*3
キュレム(BW8)*2
ブラックキュレムex(BKB)*1
ケルディオex*1

・トレーナーズ*37(サポーター*13+グッズ*17+道具*5+スタジアム*2)
プラターヌ博士*4
N*4
フウロ*3
アクロマ*1
フラダリ*1

ハイパーボール*4
毒催眠光線*3
はかせの手紙*2
まんたんの薬*2
すごい釣り竿*1
ポケモン入れ替え*1
あなぬけのヒモ*1
パソコン通信(Ace)*1

ライボルトソウルリンク*3
かるいし*2

タチワキシティジム*2

・エネルギー*12(基本*12)
電気エネルギー*6
水エネルギー*6

ソウルリンクで進化ターンも動けるMライボルトを軸としたデッキ。
ライボルトデッキを友達が使っているのを見て使いやすそうだったので基本をパクりつつ自分好みに微調整をしました。
エネ加速とアタッカーを兼用するMライボルトをPzキュレムで補完している形になります。

ライボルトex、Mライボルトex、ライボルトソウルリンク
デッキの主役であり前述の通りエネ加速とアタッカーを担当。
ライボルトでもそこそこ戦えるスペックがあり、進化前に倒される場面があったので4-3-3のバランスに落ち着きました。
まずは1体Mライボルトを育て次のライボルトをターボボルトで用意するのが基本戦術となります。

キュレム
ライボルトの穴を補完する非exアタッカー。
フロストスピアでみがわりロボの破壊と打点補強、ブリザードバーンでスイクンシンボラー処理と仕事は多くドンファンランドロスなどの闘デッキ相手にはメインアタッカーになります。
Mライボルトでの加速先として非常に優秀でしたが、動きが遅く初手がこいつだけだと動きづらいのがネック。

・ブラックキュレムex
ロマン打点兼壁要因。
最初はミュウツーを入れていましたが二個エネ無しではかなりびみおでルカリオデッキには1体居たところで焼け石に水と判断して採用。
バカっぽい打点があると楽しいかもなーぐらいの気持ちで入れたネタ要因で軽いし付けて壁になってる試合が主でしたが、exに確1が取りづらいこのデッキにおいて大体ワンパンできる性能が生きる場面もありました。

ケルディオex
かけつけかるいし兼壁要因。
状態異常がうざったそうなので1枚だけ採用。
カメケル使ってた時はエースでしたが壁になったりキュレムの打点を戻したりとこのデッキでは完全に雑務担当。
水エネ加速して殴りにも行けますがキュレムの方が優秀なので出番はありませんでした。

・プラターヌ、N、アクロマ
前2つは何も考えず4枚ずつ、それだけではドローサポが足りないと感じたので1枚だけアクロマを採用。
サポ事故で困るのは初動なのでベルやサナの方がいいかもしれませんがよくわかりません。

フウロ、ハイパーボール、はかせの手紙、パソコン通信
Mライボルトを育てる為にサーチカードを多めに採用。
エネトラッシュも必要になるのでこれらを上手く使えるかがガギになりました。
他サポとのバランスも含め配分バランスはまだまだ検討の余地があります。

・フラダリ、バトルサーチャー
採用枠が確保できずフラダリは最後の詰めにトラッシュにあればいいと判断して1枚。
それを拾え、ドロー系サポの水増しにもなるサーチャーを2枚。
この辺りもまだまだ検討中です。(してるとは言ってない)

・まんたんの薬
Mライボルトの加速や高HPと非常にマッチしているカード。
壁要因との相性もいいので出来れば枚数を増やしたいですが枠とカードの持ち合わせの都合で2枚。
なんとか枠を作って増やしたいです。

・毒催眠光線、タチワキシティジム
ライボルトキュレムのびみおに足りない打点のフォロー。
タチワキは相手のジム破壊も兼ねてますが枚数的に上書きされきるのであんまり意味はないです。

・あなぬけのひも、ポケモン入れ替え、かるいし
逃げコストが重いライボルト以外の補助。
鉢巻入ってないので全部軽いしでも良かったかもしれません。

・エネルギー
12枚を水と電気で半々。
基本はライボルトですが電気1枚ですむのでこの比率がちょうどよさそうです。
もう少し枚数が欲しいところですが枠がいっぱいいっぱいでした。

 

大会レポは又次に。